株式会社鈴木内装

床工事(塩ビ床材など)、クロス張替え、内装仕上げ工事、リフォームなら新潟市の鈴木内装へ!求人募集中。

メールお問い合わせ

事業内容
HOME > 事業内容 > 床工事の流れ

床工事の流れ

当社で行っている基本的な床工事の流れをご紹介いたします。
建築物に多く使われるクッションフロアなどの塩化ビニル系床材の施工手順です。
  • 下地チェック

    下地チェック

    始めに家具などを移動し、施工の準備を行います。
    下地を丁寧に掃除してゴミを取り除きます。清掃をすることで張り付けるときの接着を良くし、ゴミによる床の凹凸を防ぐため、大切な工程になります。

  • 墨出し

    墨出し

    墨出しとは、建設現場に実寸の設計図を書くことです。大規模な建築物になるほど、精度の良い基準を作る必要があり、正しい位置出しが要求されます。
    床工事をする上で最も重要な作業とされます。

  • 床材のカット

    床材のカット

    墨出しを行ったあと、その設計図に合わせて床材を仮置きして、必要な大きさにカットします。
    後で両端をキレイに始末できるように、数センチほど余裕を持たせて切ります。

  • 床に接着剤を塗ります

    床に接着剤を塗ります

    仮置きした床材を半分めくり、床用接着剤を塗ります。
    接着剤を専用のハケを使って均一に塗ることで、仕上がり時に凹凸ができないようにします。
    塗り終わったら、接着剤が半透明になるまでしばらく待ちます。

  • 床材の張り付け

    床材の張り付け

    床材を張る際に、接着剤と床材がしっかりと接着するように専用の道具を使ってしっかりと空気を抜き、張り付けを行います。
    端の部分の余った床材はカットして丁寧に始末します。この作業を繰り返し、床全体に床材を張ります。

  • 圧着と仕上げ‐施工完了

    圧着と仕上げ‐施工完了

    床材のつぎ目部分を柄に合わせてカットし、ローラーでつぎ目部分が目立たないようしっかりと圧着します。
    つぎ目から剥がれないように、つぎ目にシーラーを流し込みます。
    残りの余分な箇所をカットし、最後に片付け清掃を行い施工完了です。